2018.02.18 Sunday

スポンサーサイト

  • Author : スポンサードリンク
  • 0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • - | - |

    2005.03.13 Sunday 21:45

    さばのトマト煮

    ま、またトマト料理です(爆)
    コレで、ホールトマトなくなりました。(^。^;)フウ

    鯖は、私の好きな魚の1つですが、いい鯖は、塩焼きか、味噌煮と決めてます。今日は、ホールトマトを主に考えての料理ですので、そんなにいい鯖は買わず、そこそこのお手頃価格のごま鯖を使用しました。
    あんまり油がなくて、塩焼き向きでもなかったしね。

    イタリアン続きの週末でしたが、意外と好評でしたよ。
    トマト料理でも、やはり肉と魚では味が違いますからね。

    一緒に白子の味噌汁を作ったのですが、「贅沢だ!」と兄に言われました(笑)
    普通におかずとして一品で成り立つのに!と…。
    良いじゃない、たまに味噌汁で贅沢したって。
    安かったのよ?白子。100g100円だったし。

    ★さばのトマト煮

    材料(4人分)

    さば…2枚(3枚に卸したもの)
    小麦粉…適量
    ホールトマト…1缶(400g)
    赤唐辛子…1本
    オレガノ(乾燥)…小さじ2
    赤ワインビネガー…大さじ1と1/2
    赤ワイン…大さじ1
    しょうゆ…大さじ1
    塩、こしょう、砂糖…適量
    オリーブオイル…大さじ3

    1.さばは3枚に卸し、1枚を4等分に切り、塩、こしょうをして30分くらい置く。水分が染み出してきたら、ペーパータオルでよく吸い取り、薄く小麦粉をまぶす。
    赤唐辛子は、ヘタと種を取り除き粗く砕く。ホールトマトは、潰しておく。

    2.フライパンに、オリーブオイルを引いて中火で熱し、赤唐辛子とオレガノを入れて香りがたってきたら鯖を入れ、焼き色がつくまで両面を焼く。

    3.ホールトマト、ワインビネガー、赤ワイン、しょうゆを入れ、強めの中火で途中上下を返しながら、12、3分煮る。

    4、塩、こしょう、砂糖で味を調える。

    +++メモ+++

    ・煮込んでいるときにヘタにいじくると身が崩れるので、そおっと注意しながら返してください。

    ・3枚に卸す時、鯖の骨に注意。。。刺さってちょー痛かった(ToT)

    ・砂糖は隠し味程度。塩が足りないと、トマトの味しかしないので注意。スパイシーなトマトソースになるのが正解です。

    2018.02.18 Sunday 21:45

    スポンサーサイト

    • Author : スポンサードリンク
    • 0
      • - | - |

      Comment:
      2005/03/13 10:15 PM, 珠まR wrote:
      おしさしぶりです!!

      って、スキンかわっててびっくしした!!

      なるほど、トマトソースか。腹減った。

      ところで、さっきスノーボードを片してたら落っことして足をすりむいて血がでました。

      なるほど、血か。超いてえ。
      2005/03/16 2:43 AM, R wrote:
      こぬばんわ。

      大丈夫だった?スノボー(←お約束)
      ちゃんと消毒したかい?エッジで切れたんだったら、バイキンに気をつけないと。お大事にね。

      そうなの、スキン変えたの♪
      っていうか、たまにコッソリ変えます。
      これも、気分転換の1つ。
      以前、HP持ってたときは、中身よりデザインに凝ってたくらいだし。ブログはイメチェンラクでいいわぁ♪

      Add a comment:









      Trackback:
      トラックバック機能は終了しました。
       
      PR
      CALENDAR
      NEW ENTRY
      ARCHIVES
      CATEGORY
      COMMENT
      TRACKBACK
      PROFILE
      もじでパーツ
      Rの本棚
      MOBILE
      LINK
      RECOMMEND
      RECOMMEND
      RECOMMEND
      RECOMMEND
      SEARCH
      OTHER

      (C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.