2017.03.23 Thursday

スポンサーサイト

  • Author : スポンサードリンク
  • 0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • - | - |

    2016.05.09 Monday 00:42

    組織を知る 〜反イ隣檗榛監M

    佐藤氏は以前から気になっていた人。実はお初。
    結論から言うと、面白かった。

    佐藤氏が外交官時代に学んだ処世術をまとめた本。
    非常に参考になった。

    自分もできていること、できていないこと。
    そして、わかっちゃいるけど、できていないこと、やってないこと。

    私は組織というものを見縊ってきたのか、
    それとも信じすぎてきたのか。
    若いうちは、後者。今は前者。

    最初の会社を辞めた理由はおそらく
    「信じていたものに裏切られたから」
    今考えても最初の上司はひどかった。
    私も大概生意気だったけど、彼女から学んだことはない、
    と今になっても断言できる。

    彼女にあれこれ言われるのが嫌で、
    先回りすることをモットーとしていた。
    ある時いわれた
    「文句言いたいけど、文句言うことがないからムカつく」と。
    結局、合わなかったんでしょうね。
    そして、私も青かったので真っ向勝負をしてしまった。
    そう、盾突いてしまった。

    幸い、業績は数字評価のわかりやすいものだったので評価は高かった。
    でも、面談でやっぱり言われた。
    「残念だけど、最高評価をつけるしかない」って。

    社会に高い理想を持って入社した私。
    やめるころには、信じられないものに変わってた。

    たぶん、今の考え方のもとができたのはこの頃だ、
    といまさらながら気づく。
    悔しいかな、あの上司の負の遺産を、
    20年も引きずってた。

    「業績さえ上げていれば、会社は文句を言えない」

    ここで止まってた。長いこと。
    年次や職位で求められることは変わってくるのにね。

    うちの会社の若い子を見ていても常々思ってたのにな。
    「最初の上司って本当に大切」って。

    若い子が8割の会社で生きていく処世術。
    上司が年下になり、メンバーとの年の差は開いていくばかり。
    私がここで求められていることは何だろう。

    また、上司とのかかわり方も考えなくてはいけない。
    幸い、部長も課長も変わって間もない。
    変えるチャンスなのかも。

    正直、上司は基本信用しないタイプ。
    だから、あてにしないことが基本。(これも過去の産物だね…)
    でも、本当はタイプによって対応の仕方を変えばよかっただけだった…
    ということに気づかされた。

    私自身、管理経験もあるのに、
    あくまでも受け身だったんだな、と。
    自分は部下なんだから対応は変えない。
    上司なんだから相手が変わるべき、
    と意固地になってた。

    ---------引用----------

    「上司の立場、価値観、性格などに合致するスタイルで仕事をする能力を身につけた。
    外交官僚としてでなく、組織で生き残っていくために不可欠な能力だ」

    「もし上司の言うことがおかしいと思った場合には3回まで反対意見を言ってもいい。
    当然毎回理由は変える。3回意見をいっても、上司が同じ命令を繰り返すときは、
    「わかりました」と答えて、命令を遂行することに全力を尽くす」
    -----------------------

    とはいったものの、上司のいいなりになるのも、もちろんダメ。
    下手を打つと自分の社会人生命が断ち切られる。

    --------引用-----------

    「要は上司のほうに、仕事をふらないほうがいいと判断してもらえばいいのだ。
    この時、「汚い仕事」にありがちな弱点や面倒なところを責めるといい。
    ただし、能力が低いことをアピールするとほかの仕事に支障をきたすので、
    個人の信条や性癖に基づいた理由のほうがいい」
    -------------------------

    昔うちの会社でもこういうことがあったが、
    私は絶対に手を出さなかった。
    手を出した人たちがやはり昇進していったが、
    私はそれでよかったと思っている。

    --------引用-----------

    「仕事は部下を信頼して委せ、上司は責任をとるためにいる」
    などというのは建前論に過ぎない。
    どこの組織でも、上司の仕事は部下の成果を吸い取ることだ」
    -------------------------

    なのだ。
    上司としての良し悪しは、
    そのやり方が、うまいか下手か、というだけってことよね。
    当然、部下を動かすこと=自分の業績だから、
    そこはわかってた。

    ほかにもいろいろ学んだことはあるけれど、
    私のなんにでも首を突っ込みたがる性格は、
    マイナスだってことに気付いた。
    「私ならできるのに、なんで私に言わないかしら」
    「のけ者にされている」
    「そんなのこともわからないのか。私にきけばすぐわかるのに」
    etc.
    --------引用-----------

    「人間にはその立場や能力によってできることにも限界がある。
    自分の力で対処できない以上、闇雲に関わることは
    自分の首を絞めるだけでなく、周囲にも迷惑がかかる」
    -------------------------
    そう、最後までかかわれないなら、首を突っ込むなってこと。
    まぁ、私はかかわるけど、大変なところを私が答えをあげてしまうから
    人が育たない。

    そのつもりはなかったけど、
    無意識下で自分の影響力を高めようとしてたのかもしれない。

    今後は、変に疑心暗鬼にならず、他人にまかせ
    自分の領分に全力を使うことにします。

    なんか頭ではわかっているつもりだったけど、
    全然できてない。
    ほんと世渡りべた。まぁ、それを指摘してくれた人もいたけどさ。
    もうちょっとうまく立ち回れるように頑張ります。

    読み物としても面白いし、読んで損はないと思います。
    JUGEMテーマ:ビジネス
    JUGEMテーマ:読書




     

    2016.05.07 Saturday 16:28

    長いものに巻かれたくないからこそ、組織と向き合う

    会社は何もしてくれない。
    だから、自分の良心と責任において動く。


    これは私の仕事観。

    が、しかし。
    最近はぶら下がり社員になっていることに気付く。

    ベンチャーから成りあがって大手企業になったわが社。
    人数も増え、待遇もよくなってきている。
    そこそこやっていれば、
    それなりにいい生活がでいるようになってきた。
    会社も気軽に、退職に追い込むようなことはしなくなったし。
    (厳密には、できなくなった)
    緊張感が薄れている、といわれればそうかもしれない。

    やっぱり長く休むことは非常に良いんです。
    いろんな自分の矛盾に気づいたりして。
    することがなくても、休むべき。
    仕事から離れて、自分の人生や仕事について考えるって大事。

    これをすることは、普通の土日だけではなかなか難しいんですよ。
    仕事から離れないと、全体を俯瞰することが私にはできない。

    でね。笑っちゃうんですが…
    まったく同じことを書いている自分のブログ記事を見つけたの。
    しかも、ぴったり10年前。

    9連休して思うこと 2006/5/7
    http://random-talk.jugem.jp/?search=%B2%F1%BC%D2%A4%CF%B2%BF%A4%E2

    成長してねーwww
    ま、ちょっと違うのは、仕事はさほど楽しくないってこと。
    まぁ、これは考えていることがあるので、
    回復はできる気はしてますが。

    状況も全く同じ。
    料理は主婦なのでしてますけど、
    楽しむためというよりは、家事としてなので、
    効率よくおいしいものを作ることしか考えてません。
    趣味的な料理はできてない。

    で、結局、会社に飲み込まれてる自分がいる。
    先が見えてる以上、会社に滅私奉公する必要もないし、
    そろそろここから脱却したい。
    日常にある辛さの理由の大半は会社ですからね。
    会社という組織を一歩引いてみられるようになりたい。

    そこで、今更なんだけど会社という組織について学ぶことにしました。
    しなくていい苦労を排除して行こうかと。

    組織で起こる様々なことを今まではパワーでねじ伏せてきたけど、
    年齢とともに気力と体力が減退し、そしてなにより「立場」と「社会の変容」で
    それもできなくなってきた。

    だから、頭を使うしかない。
    ほんと40代になって、遅いんだけどね。
    (もちろん、何にも考えなかったわけじゃないですよ。
    ずる賢さで立ち回ってきたと思ってください)
    ここにもいろんな矛盾が潜んでいて
    保身と取られても仕方ないんだけども、
    ちゃんと世の中の仕組みを知って、うまく立ち回ろうってわけ。

    出世とか興味ないまま大人になっちゃったんで、
    いろいろわかってっていうか、
    嫌で避けて通ってきたという方が正しいかもですが。

    ただ一つだけ、大きくなっている気持ちがある。

    それは、
    会社や仕事に人生を支配されたくないということ。

    もちろん、仕事は人生において欠かせないもの。
    だけど、仕事は自分の人生を構成する1つのパーツ。
    仕事は自分を成長させたり、自己表現をする大事な場所だけど、
    すべてじゃない。
    だから、人生を楽しむための手段に変えていきたいんです。

    今は、給料をもらうために時間をやり過ごす場に成り下がっている。
    この現状を会社のためにではなく、自分のために変えていきたい。

    先日の「しくじり先生」の最後の言葉。

    人間は誰しもちょっとだけ弱くて、ちょっとだけずるい。
    その弱さと向き合うことが大切。

    私は、ここ数年、自分の弱さに向き合うことを放棄してきた。
    (だって誰も批判しないんだもの)
    原因は会社にもがあるが、もちろん私にもある。
    元来、私は自分の弱さに向き合うことがあまり得意じゃない。
    でも、それが必要なことはわかってるし、
    弱さを突きつけたら向き合うくらいの強さは持ち合わせている。

    確かに、私は弱さに向き合うことで成長してきた。
    そう、自分の弱点は自分が一番知っている。
    問題は、それに向き合う強さが足りない。
    (で、他人に言われることで尻を叩かれて動く)

    そう、これが最大の弱点。
    ほとんどの人がそうだと思うけど、私もそう。
    これを克服すればもう少しましな人生になるはず。

    100%向き合えなくてもいい。
    ほんの少し、向き合うだけでも人生は変わる。
    まずは、組織に向き合うことから始めていこうと思います。
     
    JUGEMテーマ:ビジネス
    JUGEMテーマ:日記・一般

    <<new | 1 / 1pages | old>>
     
    PR
    CALENDAR
    NEW ENTRY
    ARCHIVES
    CATEGORY
    COMMENT
    TRACKBACK
    PROFILE
    もじでパーツ
    Rの本棚
    MOBILE
    LINK
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    SEARCH
    OTHER

    (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.