2009.10.15 Thursday 00:35

仕事と家事の両立

 突然ですが、私、結婚いたします。
ま、まだ先ですが、すでに同棲中。そろそろ3ヶ月、というところです。
生活のペースも定まってきたし、家事にも慣れて意外にスムーズに行っております。
自分でも、こんなに家事が出来るとはびっくりなんですけど。
ひとまず、負け犬は卒業ですかね。

が、今思うことは、もっと早く帰れないものか、ということ。
相変わらず、仕事は忙しく、疲労困憊して帰ることもあります。
家事はいい気分転換になるので全然、苦になってないので、問題は、仕事です。

かなりの業務量でアップアップ。(給料減になってるのに、仕事の負荷も量も増やされてる)
週末にあふれるものがあります。(ま、もって帰っても結局やらないですけどね)
なんとなく「家でやれ」というような空気があることもあり、それがうざい。

自宅でまったく何の気苦労もない時は、単に嫌ってだけでなんとも思いませんでしたが、
今は、家での時間は、家のために使いたい、と思う。
だから、プレッシャーに感じるんですね。
彼の帰りが遅いのと、会社から家が近い(door to door 20分の超都心に住んでます)のが
救いですね。

今は、仕事より家の方が大事です。
そもそも、今の仕事には何の執着もないせいもありますけど、
家でやらないことを頑張らない、と思われても嫌ですしねぇ。
仕事の時間とプライベートは、きっちり切っていきたい。
業務効率をあげるしかないか。

給料カットされているのに、仕事を増やされている。
働きが給料に見合ってないのに、過剰に求められるのが不満。
景気がよくなったら…なんて、空手形ですよ。
雇用なき成長、収入増なしの景気回復といわれているご時勢ですからね。

特に、うちの会社の中途入社のスタッフ部門は一番少ない層で割を食ってますし。
今の給与体系は、かなりおかしいですから。プロパーのことしか考えていない、評価体制ですからね。(この層から不満はたくさん出てるけど、何しろ少数派なので、黙殺)
ま、愚痴ってもやめない私にも責任はあるので、仕方ないですけどね。

彼は、専業主婦でもいい、といってくれていますが、カードの支払い、保険、携帯などのことを考えると、いくら彼の稼ぎがいいといっても、甘えられません。
やっぱり、いくら少ない、といっても死ぬまでもらえる厚生年金は、死守したいですし。
親を見て、この大切さはわかっていますから、最低でも25年間払い続けるために、
あと10年は現役で頑張るつもりです。ま、仕事は何でもいいんですけどね。

なんて、つらつらと書きましたが、何がしたかったかっていうと、考えをまとめたかったんですわ。
仕事もプライベートもかなり変わってきているので、混乱しつつあったので。
私は何に不満を抱いていて、どうしたいのか、ということですな。
今の仕事の状況で彼がいなかったら、落ちまくってただろうなぁ。
愚痴を聞いてくれたり、励ましてくれたりして支えてくれる彼の存在は本当に大きいです。

Rちゃんに比べたら、自分なんか大変じゃない、っていうけど、そんなはずはないです。
帰りも遅く、休日出勤もするし、そもそも背負ってるものが違いますからね。
所詮、私は民間企業の下っ端会社員ですから、大して重要じゃないんです。
そう考えてもやっぱり、家庭を大事にしたい。

プライオリティーははっきりしました。家庭>仕事です。
ここが定まれば、動き方も変わります。
まだ試行錯誤の段階ですが、仕事と家庭のバランスをうまくとって行きたいと思います。
しかし、ホント私に仕事が集中するの何とかならないかね。
暇そうな同僚を見ていると、ホント腹立たしいですわ。

ま、そんな人たちのことを愚痴っている時間ももったいない。
業務時間内でケリをつける方向で、調整していきたいと思います。

しかし、こんなことで悩むとは考えもしなかった。
仕事を持ちつつ、結婚する人はみんなこんな風にバランスをとり方で悩むのかな。
ま、Rの独り言なんで、読んじゃった方は流してください(笑)

2008.04.13 Sunday 23:51

カミングダイエット?!

前回も書いたように私はダイエット中。
ナント、毎日スポーツクラブに行ってますヾ(^o^;)o ォィォィ
ダイットの習慣というよりは、前回の第一次ダイエットで生活自体がダイエット向きに変わっているので、全然苦にならない。

今、仕事が忙しいんですが、中心に考えているのがスポーツクラブで、そのために朝早く出社して、残業も8時くらいには切り上げるようにしています。
フレックスの利点はココですよね。自分の生活が組み立てられる。

毎日通っていると言うことは、結局帰りは遅くなるんですが、お腹が空いている日とそうでない日があるし、また、お腹の空き具合も小腹から大腹(笑)まである。
大概、食べないで寝ちゃうんですが、困るのが大腹の時。
お腹が空いて寝られない(;´▽`lllA``

また、あまりお腹を空かせて寝ると、朝寝起きが悪いんですよね。
そんなだからものすごくお腹が空いている時は、うっかり結構ちゃんと食べちゃったりして、せっかくの運動が水の泡w

昨日はまさにそれで、失礼な友達と食事をして(自分から誘っておきながら、別の呼び出しに応じて、中途半端に散会になった)中途半端にしか食べられなかったので、辺にお腹が空いている。
なので、成城石井で担々麺と生クリームメロンを買ってきて、食べてしまった。
(生クリームメロンは半分母親あげたけど)

で、お腹一杯になってみると、今度は自己嫌悪に陥るorz
ダメジャン。

こんなことがたまにあって、良いダイエット食品があればなーと常に思っていたんですが、ちょっとよさそうなのを見つけた。

それが、日清食品の「カミングダイエット」。
まぁ、これって商品名なわけですが、私的には結構ツボ(笑)
うまい!と思ってしまった。若干、ダジャレ要素があるような気がしないでもないですが(;´▽`lllA``

下にある動画を見てもらうと、概要はなんとなく分かると思うんですが、つまり「噛むスープ」なんですよ。
時間をかけてしっかり噛んで食べると確かに満腹感が得られますから、理にも適っているしいいなぁ、と。変なダイエット食品より信憑性が高い。
そして、何よりもおいしそう(笑)
ダイエット食品て、甘いものが多くて本当に困る。

私は別に甘いものが好きで太ったわけじゃありませんからね。
ダイエット中に、そんなに甘いものを食べたくなるわけじゃないし。
まぁ、確かに、チョコだけは完全に絶つことは出来ませんけど、そんな毎日、甘いものを食べたいわけじゃない。そもそも、甘いものはそんなに量食べられないし、飽きますよ。

ダイエット食品のお菓子は、昔よりはかなりおいしくなったっという比較論だけで、そんなにリピートしたくなるほどおいしいものは、色々試しましたが「ない」ですからね。
まぁ、多分、私自身がそんなに甘いものが好きと言うわけじゃない、というのも関係するんでしょうけど。

太る理由がお菓子、女子は甘いものが好き、という短絡的な考え方からいい加減、脱却してほしい。
男性もそうだと思うんですが、食べ過ぎる人って恐らく油とか炭水化物の摂りすぎですよね。なので、別にダイエット食品が甘い必要はない。

私はスープが大好き(特に具たくさんスープが好き)なので、これは良いじゃないか、と反応したわけです。元々、ダイエットにキャンベルのミネストローネスープは取り入れてましたしね。ミネストローネは私の大好物なんですが、キャンベルのは具沢山だし、ミネストローネ自体カロリーが低いので、ダイエットには最適なんですよ。

食事のコントロールは、別に食品に頼らずできるので、続けられる、というよりは私はこれを大腹が空いた時の代用食にしようと思っています。
長期的に利用できるか・・・というところも含めて、試しに1セット注文してみました。
栄養もすごくあるみたいだし、かなり魅力的だったんでね。

今、期間限定(4/25まで)の先行予約で1,000円引きなんで、試すには最適。
ご興味がある方は、ぜひ。

チョット楽しみです。

↓動画はこちら。


JUGEMテーマ:健康



2008.04.05 Saturday 21:31

魚になる!

風邪→腰痛炸裂から早2ヶ月。
9月の半ばから続けていたダイエットを中断する羽目に。
せっかく順調に痩せていたのに…と気持ちはあせるばかり。

整形外科の先生に食い下がって許可を貰ったスポーツは「水泳」。
が、しかし、私は泳げない。
厳密にいうと、息継ぎが上手く出来ないんですね(;´▽`lllA``

が、遂に、水泳を開始しました!
地元に新しく出来たスポーツクラブの先行会員の申し込みをしていた私。
行かないわけに行かない。ある意味、ちょうど良かったかもしれません。
こういうきっかけがなかったら、ダラダラしちゃってたかもしれないし。

最初は、腰痛改善のクラスに出てみたんですが…コレがまた、効果てきめん。
病院でリハビリしてもあまり改善が見られず、どうしたもんかなぁ〜と思ってたんですが、このクラスに出た翌日の朝、何と痛くない!スゴイ。
結局、コルセットで守って固定しすぎて、筋肉がこわばってしまっていたのかもしれませんね。もう、これは続けるしかないでしょう!

それに、泳げないなりに頑張って泳いでみたりしたんですが、これがまた「楽しい」「気持ち良い」。
あんなに水泳嫌いだった私が、一体どうしちゃったんでしょう?
結局「泳げない」という事実と、「水着」という恐怖心(笑)が食わず嫌いにさせていたんでしょう。

高校時代、プールがない学校を選んだはずなのに、途中で出来てしまって、本気でガッカリしましたからね。中学までは遊び感覚で好きだったんですが、高校は50mとか無茶言いますからねー(笑)水泳の授業が嫌で仕方ありませんでした。いわば、トラウマみたいなもんですよ(爆)

でも、今や水着もセパレートが主流だし、知り合いがいるわけでもなく今更恥ずかしがるでもない。思い切ってみたら、楽しい世界が開けました。

すっかりはまってしまって、今日も泳げないなりに1時間ちゃぷちゃぷビート版を使って泳いでました(笑)
帰りに本屋で水泳の教本を買ってきました。それがコレ。
何冊かあったんですが、これが一番分かりやすかった。
DVDが付いていて、実はあまりコレには興味がなかったんですが、甥っ子にせがまれて観てみたら…すごく分かりやすい。かなり真剣に見入ってしまいました(;´▽`lllA``

っつうか、苦しいわけだわ。呼吸のコンビネーション間違ってるもんw
息継ぎが上手く出来なくて泳げないって人は意外と多いと思うんですが、この本は、呼吸の仕方のていねいな解説と練習法が載ってますよ。

明日はヨガだけにするつもりだったんですが、やっぱりヨガが終わったら泳いでこようと思っています。だって、せっかく入手した知識を実践してみたいじゃない?(笑)

初級者〜上達を目指す中級者にオススメです。

そうそう、2ヶ月間、せっかくの努力が水の泡…と勝手に戦々恐々としてたんですが、実際は、体重増加は800g。どういうわけか、体脂肪が4%も減っていました。
薬を飲まなくちゃいけないので、夜ご飯も食べてたし、ダイエット中より間違いなく摂取カロリーは増えているはず。どういうこっちゃ?

恐らく、時間をかけて、生活改善もして丁寧に落とした体重なので(5ヶ月で7キロ)代謝が上手く出来るようになっていたのと、医者で処方されている薬とお酒の飲み合わせが悪いので、殆どお酒に手をつけなかったこともあるでしょう。
飲んでもホント、お付き合い程度に1口〜1杯でしたからね。

自分のダイエット法に間違いがなかったのが、すごく嬉しいです。
というわけで、また、目標を設定します。6ヶ月で8キロ!今度はスポーツクラブが駅前で、貸しロッカーも借りて気軽に行けるようになったし、私が異動した部署だけが運よくフレックスになり時間の融通がしやすいという、条件面が改善されたので、運動量を増やせますからね。

食事量は、特に増えていないですし、休日早起きはもう習慣になっているし、前よりはラクではないかと。

あとは、今期の目標!50m以上泳げるようになる!それで、タイトルが魚になるなんですね(笑)

ダイエットにおける水泳は、長時間泳ぎ続けられなければ、最大の効果は得られませんから、早いところマスターしたいです。
って言うか…水泳ってあんなにきつかったっけ?さっきから猛烈に眠いですw
間違いなく、筋力が落ちてますね。あと、年か(笑)私も先月で35歳になっちゃいましたからねぇ〜(;・∀・)
なんとか、1時間泳ぎ続けられるくらいになりたいです。

この本を熟読して頑張ります♪

JUGEMテーマ:スポーツ

2007.06.16 Saturday 23:26

部屋を快適にする その4 -PC周辺機器- 複合機編

Canon PIXUS (ピクサス) MP510
Canon PIXUS (ピクサス) MP510

なんでだっけな?うちにプリンタは、すでに1台あります。
数年前の年末にいざ、年賀状を作ろうという時にプリンタが壊れ、ちょっといい値段だったけど、長男の初めての子供、親にとっては初孫、そんな浮かれモードの中で、写真がきれいにプリントできるようにと、CanonのPIXUSシリーズのプリンタを買いました。

その頃(今もですが)PCを使いこなせたのは、家族で私一人。PCを持っていたのも私一人。当然、私のもの♪だったんですけど、いつの間にか兄貴の部屋に。
っていうか、「あげる」といった覚えがある。
部屋にプリンタがなくなってから、相当不便をしたんですが、何でそんなことを言ったのか、記憶がありません(笑)

でも、確かに複合機が欲しかったっていう気持ちが薄っすらあります。
私は、使えるものは壊れるまで使う、というタイプの人間なので、「このプリンタが私の部屋にあったら、複合機が買えない」と思ったのかもしれません。ヾ(^o^;)o ォィォィ

そんなこんなで、いまや兄の1人目の子供は5歳。2人目も2歳になろうという頃。
その2人をつれて、買いに行きました。
だって、ボーナスが出たんだもの♪ヽ(▽`llllllヽ)
冬のボーナスの時から、真剣に検討していて、結果「もう少し、値下がりを待とう」と思って、別のものを買ったから今回は絶対に買う気でした。

私は、Canon以外のプリンタを使う気がさらさらないので、選択肢は自ずと、新旧・価格の戦いでしたね(笑)
MP510とMP600で非常に悩みました。

まず、デザインはほぼ同じ。
結局私が悩んだのが、画素数でした。MP600はインク5色を使っている。MP510は4色。
価格の違いは約5,000円。う〜ん。

結局、インクコストと大きさが少しMP600が大きかったので、MP510で決着をつけました。
そんなに写真印刷をするわけではないし、5年前の前使用機種があれだけきれいな印刷が出来ているんだから、特別問題があるはずがない。プロじゃあるまいし、そこまで画素にこだわる必要もない。

また、店頭のサンプルプリントを見て、特に問題がない、という判断をしました。
予算も20,000円と見積もっていたので、ちょっとオーバーするし、私が主に使う機能は、プリンターとコピーだろうし。

ついでに、USBハブと卓上扇風機を買って来ました。
卓上扇風機は超ちゃっちいボタンもないような980円の代物ですけど、これがなかなかどうして。。。必要なんです。
なぜなら、私のキューブPCは本体横に通風孔があるタイプ。
冬はいいけど、夏は真横に置いてある関係上「クソ暑い」。
家に帰って、通風孔に向けて扇風機を回したら、あっという間に熱気が去った。

やっぱり私の部屋だけ年中暑いのは、日当たりの関係だけじゃなった、ということが立証されました。すごい涼しくなった(笑)

おっと、脱線しましたが、肝心のプリンターの使用感ですが、、、いいですね。素敵便利。
とりあえず、写真プリントとコピーを試してみました。

写真プリントは、思った通り何の遜色もなし。
あと、非常に便利なのが、Canonの会員サイトに行くと、自分で証明写真が作れるソフトが使える。
母が履歴書に貼る写真を、欲しがっていたことを思い出し試しに作ってみました。

こりゃいい。
写真をアップロードして作成するんですが、遠近、対称、明るさ、コントラストも調整できるし、出来上がりは、まあ撮影者が素人なので写真館のとまでは行きませんが、スピード写真くらいの「ちゃんと感」があります。
まさか、自宅で作ったとは誰も思わないでしょう。

アルバイトやパートの応募なら、これで十分ですよ。写真用ペーパーさえ準備すれば問題ない。たった4枚(だっけ?)に600円払うことはないですよ。これは、ヒットでしたね。

MP600に比べて、操作画面は小さいし、ちょっとわかりにくいですが、私の中ではココが5000円の差くらいにしか思っていないので、それほどの問題ではありません。
ココに5,000円払うなら、ほかのものを買った方がいいや、と変な納得もしたし。

一般の人はこの機種で十分だと思いますよ。
PCとつなげなくても独立して使えるし、PCが苦手な人にもいいです。
ちょっと気になったんですが、ビッグカメラよりAmazonの方が安いってどういうことでしょう?(笑)ビッグの方が1000円ばかり高いですよ。量販店の方が高いって。。。
買うなら、Amazonでいいのではないかと思います。事前にチェックしていってマケさせればよかった。チッ。

でも、コピーが手に入ったことで、書類のコピーをし忘れて郵送しなきゃいけない書類を長々放置することもなくなるし、気になる記事もコピーしてとっておける。
プリンターが帰ってきたことによって、調べた地図やら住所を手書きする必要もないし(環境にはよくない?)、またひとつ、私の生活が快適になりましたとさ♪

でも考えてみると、家でコピーが出来るってすごく画期的なことですよね。
私が学生の頃は、テスト時期になるとコンビニのコピーは順番待ち、みたいのが当たり前でした。このコピー代が結構バカにならない。カラーコピーとかは、今でも非常にコスト高で、コンビニでやろうと思ったらバカみたいにお金を取られる。
これもまた、時代の進歩ですかね。

2007.01.17 Wednesday 01:21

部屋を快適にする その3 -音楽- スピーカー編

PCナシでは生きていけない私。
大概のことはPCで済ませられるという、ヘビーユーザー。
世の中が便利になったとも言いますけど。

インターネットでお買い物はもちろん、テレビ、映画、音楽も当然のことながら、PCを主体にことを運びます。

最近、私の中でiPodの利用価値が上昇傾向。
iTunes store日本版オープン当初について書いたことがあると思いますが、その時書いた問題がかなりクリアになってきています。試聴もできるようになったし、曲数も増えた。

また、独自のアルバムを組んだりと面白い取り組みもいろいろしている。
そして、私の大好きなNorah Jonesも入っているし、予約もやっている。
新しいアーティストの紹介なんかも熱心にやっていて、面白いサイトになってきている。

で、段々曲数が増えてきたのは良いんですが、、、
私のPCのスペックは、テレビが再生録画できるぐらいなんで、容量はかなりあるんですけどやっぱりPCヘビーユーザーの私の作業と音楽再生を同時にやると若干動きが悪くなる。
PCは快適に使いたいという、ヘビーユーザーなら当然陥るフラストレーションがたまってきていました。

で、ある時はたと、気付きました。
「イヤホンジャックにスピーカーさせばいいんジャン」
アホですかね。こんな単純なことに気付かないとは。

で、現在PCで使用しているスピーカーをさして音楽を聴いていたんですけど…。
PCから音が出ないジャン。(爆)

というわけで、iPod専用スピーカーを購入しよう、と思い至りました。
で、予算3,000円くらいでネットで探してたんですが…。
いつものようにデザイン性も重視する私のお気に召すものはありませんでした。
また、そのくらいの値段のものはACアダプタではなく電池が電源になる。
ソレは嫌。

ん〜これは、ネットで探さず自分の足で探すか、という結論に落ち着きました。
で、クリスマスイブイブに前回の記事にも出てきたIさんと銀座のビッグカメラに行きました。

ウン百万かけてスピーカーを作ったことのあるIさん。さすがに超詳しい。
実際にiPodをスピーカーにつないで音を聞いてみることを推奨されました。
Iさんは長年ドラムをやっているので、耳があまりよくない。
私の声が聞こえてないことがあるし、聞き返されることもしばしばな感じ。

でも…音楽となると違うんですね。
音の微妙な違いも聞き分けてしまう。スゲー。
今まで、音にこだわったことなど一度もない私は、スピーカーによって物凄く音が変わるということを初めて知りました。

そして、良い音は「気持ちがいい」ということも。
快楽の一種ですな。

で、あらゆるスピーカーにつないでみました。
やっぱり、私でもわかるくらい音がいいものは高い。
Iさんの凄いところは、私から聞けばいわゆる良い音なんですが、良い音の中の微妙な違いの良い音を聞き分けてしまう。

あまりに細分化された音の聞き分けで、音の難しいことがわからない私には???でしたケド(笑)ん〜どうしよう…と思っていたところに、Iさんがひっそりと隠すように置かれていたものをもってきました。

ホントね、見えないところに「特価商品」として置かれてたんですよ。
それはなぜか。
それは、型落ち商品で、新しいバージョンのものは2万円以上するので、私が「ムリ」と却下したものです。

Iさんが持ってきたのは、1万4千円チョイ。プラスでポイントが20%付く。
スペックを見てもらったら、新しいバージョンの物と殆ど変わらない。恐らく、リモコンのあるなしの違いではないかという感じ。
店員を呼び止めて聞いてみたけど、Iさんの方が詳しかったので、話にならず…Iさんの熱心な薦めでそのスピーカーに決めました。

これがそうです!


このJBLというメーカーですが、日本人が知っている高級音響メーカーっていうとせいぜい、BOSEやビクターくらいなもの。
が、このJBLというのはハーマンインターナショナルというアメリカの世界有数オーディオブランドが運営する老舗で世界的有名メーカーだそうです。
老舗のブランドが大手に吸収合併されたけれど、ブランドの文化をそのまま受け継いできた感じ。(今年が60周年だそうです)BOSEなんかよりももっと質の高い音を出す。

今回買ったスピーカーにしても、小さいのにBOSEのスピーカーと聞き比べても、明らかにクリアな音が出ている。音が篭らずほんとにきれいに聞こえます。
直径18僂らいしかない代物ですが、広い部屋でも物凄く大きく聞こえるし、ましてやビッグカメラのあのうるさい店内で、しっかり歌詞まで聞き取れるくらいの音を出すんですよ。

お陰で、部屋で音楽を聴くのが楽しみになりましたよ。
好きな音楽を自分の一番くつろげる空間でキレイな音で聞く。大げさではなく、音の快楽を生まれて初めて知った感じです。

そういえば、Iさんが言ってましたが、スピーカーというのは買ってすぐよりも、しばらく使った方がいい音になるそうです。なんか、構造上の問題らしく、難しくて詳しいことは良くわかりませんでしたが、使い込むことによって音が丸くなるんですって。
マメ知識です(笑)

ますます、iTunesでのお買い物にも精が出ちゃうってもんです。
最近は裏技も使えるようになったので、SONY所属のアーティストの音楽もCDを介さず、iPodで聞けるようになったし。(音楽はちゃんと買ってますよ)

iPodを入手するまでしばらく遠ざかっていた音楽が、また身近なものになっています。
高校から20代前半くらいまでは常に、ウォークマンなしではいられないくらいの人だったし、コレは!と思ったアーティストのライブとかには1人でも行ってたくらいだし。

ちょっと手前味噌の話をすると…
私がコレは!と思って慌てて聞きに行ったアーティストたちは、客が入らずガラガラ…みたいなアーティストばかりでしたが、後々になって殆どがビッグアーティストになってるんです。<(。・。・。)>エッヘン

でもなんか、年とともにそういう情熱が…w
イカンイカン!いいものを自分に取り入れるということはいくつになっても続けて行くべきことですものね。

当初予算の5倍近いスピーカーを購入しましたが、それだけの価値はあると思っています。良い買い物が出来てよかったです♪

2007.01.08 Monday 02:28

シンプルに生きる

年始一発目、何を書こうかと結構悩んでいましたが、あることをふと思ったので、そのことについて書いてみることにしました。

まず、今、私は自分の生き方について考える段に来ている、というのは年末くらいから思っていました。
よく言う「このままでいいのか」という問題に捉われています。
今まで、私はあまりこの種の問題に捉われたことはありませんでした。
とりあえず、前に進め!という考え方で生きてきたので。

前にこの考えに捉われたのは、新卒で入った会社にいた時です。
そう考えると、10年間前に進み続けて、今、足が止まっているということに他ならないでしょう。まぁ、考えようによっては、一区切りが付いた、ということかもしれません。

この考えに陥った発端としては、前から小出しに書いていた「仕事」に他なりません。
私が生きる上で、仕事ははずせない要素として君臨していました。それは今も変わりません。

ただ、現状、私にとって仕事とは「生活のため」にするもの以外、何物でもなくなっています。簡単に言ってしまえば、「つまらない」し、先行きにも不安を感じます。
うちの会社は営業会社なので、営業が一番偉い。それ以外の人たちは、補完的な役割でしなく、地位が低く、主権が認められない部分があります。

私は営業を辞して、内勤でクリエイティブと分析担当となったわけですが、クリエイティブにこだわらない会社でクリエイティブな仕事をしても正直何の楽しみも感じられないし、自分の裁量で動ける部分の少なさに愕然としてます。そんなに営業が偉いのか、と思ってしまう。内勤になってみると、うちの営業のわがまま度は他社のそれとは異なることに気付く。傍若無人という言葉が正しいかもしれませんね。

自分が営業だったころは、極力、内勤さんに迷惑をかけないようにしてきましたが、他の人は全くそんなことはなかったようです。営業を辞したといっても、スキル不足の子が多いのでお手伝いで営業は少ししますが、今でもその気持ちに変わりはありません。

正直、内勤としてどれだけの仕事をしても営業より地位が上がることはないでしょうし、たとえ上がったところで、お給料面での良し悪しくらいで仕事に対する楽しみ的なところはまず得られない。自由のない仕事に発展があるのか、というのは甚だ疑問です。

今の会社で仕事を続ける意義は当の昔に失われており、体調不良と気持ちの低下で転職活動がままならないので、まだいる、というだけの話です。
去年の今頃の自分と比較すると明らかに悪い方向に進んでおり、社内自体も同じようによくない方向に進んでいる。
仕事の楽しみを奪い、会社の利益のために働く、傭兵を育てようとしている。社員は人として扱われてはいませんね。

それもこれも、経営者に端を発しているところでもあるので、この会社の未来はかなり微妙というのが正直なところでしょう。

恐らく「このままでいいのか?」と私が考えた時点で答えは出ていて「よくない」ということでしょう。

反面教師とでもいいましょうか、そうはいってもこの状況に至って自分についてわかったことがあります。
それは「仕事」というものは私の人生においてプライオリティはあまり高くない、ということです。私が求めているのは、自己実現の場であって、たまたま今まではその役割を仕事がしてくれていただけで必ずしも、仕事である必要はない、ということです。

自分が認められる場所があれば、別にどこでも、何でもいい。
今の会社では、未だ自分の居場所について悩んでしまうし、本来の自分でない自分でいるので非常に疲れます。入社当初、合わない気がしていて、慣れれば解消されると思っていましたが、結局未だ解消されていないんですよ。
正確に言うと、一度は解消されたものを元に戻されたんですけど。

この会社いる意義が今の私には皆無ですし、会社にとっても私が存在する必要性があるのかどうかも、甚だ疑問です。
ただ、自分の中では出来ることはまだまだあって、ただ、それを出す場を与えられないし、与えられる以前に「ない」会社なので、正直、力を出し惜しみしている感じで、精一杯やることをモットーとしてきた私としては、不完全燃焼でしかないのです。

その上、今の上司とは合わないと来てますしね。
ステージが違うことが、段々明白になってきてしまっているのです。
言ってしまえば、必要のない消耗を繰り返している日々。無駄にすら感じられる。

若い頃なら、とりあえず辞めて…無鉄砲にも出来たのですが、今はそうもいかないですし、無鉄砲に辞めたところでまた同じことを繰り返す気もします。
なので、これから自分の生き方について、再考をしていこうと思っています。

まず、その上で考えるのが「私は何がしたいのか」ということ。
これが非常に微妙でして、長い模索の末、未だに見つかっていない、というのが現実です。好きなことはあっても、やりたいことなのかどうかもわからない。
ましてや、食べていけなければ話にならないわけですから…と考えて、ある人のことに思い至りました。

彼は、プロのドラマーですが、設備エンジニアでもある。
普通に考えると、本業は設備エンジニアでドラムは趣味と捉えがちです。
実際に食べているのは、エンジニアの仕事で食べているわけですから。

でも、彼の話を聞いていると、エンジニアの仕事は補完的なものでしかないのです。
エンジニアとしても腕は一流で、実際転職をする際には、引く手数多という現実がありました。彼が転職を考えた理由も「音楽をするに制約が多くなりすぎたから」です。

ポイントは、これは本人が意図してそうしていたのかどうかはわかりませんが、そう思った時にすぐに動けるだけの技量をエンジニアとしても持っていた、ということです。
彼は50も半ばで、通常だったらそんなに転職は簡単にはいかないはずなのですが、簡単に成し遂げてしまった。

補足しておきますが、彼のドラマーとしての腕は趣味人としてのものではありません。
昔はそれでちゃんと食べていたし、有名ミュージシャンとの競演も多くあるれっきとしたプロです。生活の変遷で、保険が必要になったから設備エンジニアの仕事を始めた、というのが正しいところのようです。

さて、私が何をいいたいか。

彼の生き方が、非常にシンプルだ、ということです。
当然、長い人生の中で紆余曲折はあったはずです。実際聞いてもいるし(笑)

でも、長いスパンで考えると非常にシンプルな生き方に集約されている。
つまり、「音楽」に集約されているんですよ。
だからこそ、音楽をやり続けるために必要な下準備が出来ていて、音楽を続けるために必要なお金を得られる補完的な仕事は絶対的なものになっている。ちゃんと保険の役割が果たせるような完全性がある技術や資格を持っているわけですから。

つまり、自分のやりたいことで食べていく必要もないし、自分のやりたいことで食べていけるのは幸せなことだけれど、そうできなくても不幸でもないし、それで食べていけないからといってやりたいことを辞める必要はないし、ましてやプロでなくなるわけでもない。何にも変わらないんですよ、やりたいことで食べてなくても。

私はそこを何故か、勘違いしてましたね。
大事なのは、やりたいことを続けられるか、ということなんですよ。
なんでこんな簡単なことを勘違いしてたんだろ?
なんか、できるだけラクしたいって発想が関係してそうですね。

好きなことで食べられれば一挙両得じゃないですか。
やりたいことだけやってればいいっていのは、楽しいですわ確かに。
私は実際、好きなことで食べる経験も一時期しているので、わかります。
でも、そうでなくてもやりたいことはやりたいことのはずなんですよね、本来は。
けれでも、殆どの人がやりたいこと以外の仕事に就くと、やりたいこと好きなことを諦めてしまう。

彼は音楽以外の余計なものは、自然にそぎ落としてきた、そんな印象を受ける人です。
彼と話しているとあまり「欲望」的なものを感じない。
変な下心とか、自分のために人を操ろうとか、自分だけいい思いをしてやろうとか、そういう人間の浅ましさのようなものがない。

諦めとも違う、潔さのようなものを感じる。

彼はいわゆる「団塊の世代」ですが、そういう匂いもあまりしない。
自分に忠実に生きてきたんだろうな、という感じがします。
私のような小娘の話もきちんと聞いてくれるし、受け入れてくれる柔軟さも持ち合わせている。偉ぶらないし、上から目線で話をされたこともない。常に対等でいてくれる。

自分では頑固だ頑固だ言いますが、それは自分の核に関することで、いわゆる頑固おやじとは違うんですよ。気付いてますか?Iさん?(笑)

私もこういう風になれたらいい。
自分の生き方の漠然とした理想は持っていましたが、具体性は全くなかった。
こういう風になりたい、こういう風に生きられたら良いと思う見本は皆無だった。

でも、Iさんの出現によって色んなことが覆されている感じがします。
社会的な制約や常識なんて、簡単に覆すことが出来る、それに捉われさえしなければ。
自分はまだ過程でしかなくて、過程に対して理想形であり続けることを理想とすることがいかに不毛か。
道理で、シンプルに生きたいと思えば思うほど、複雑になっていったわけだ(笑)

自分は長いスパンで人生を考えているつもりでいたけれど、実際はそうではなかったし、考えて生きたところで、そうそうはその通りにはいかない。
今だって「こんなはずじゃなかった」って思っている自分がいますからね。
ただ「こんなはずじゃなかった」で終わるのが人生でもない。
やり直しはいくらでも利くし、やり直すのは早ければ早い方が修正もしやすい。今、気付けた自分はラッキーです。

彼のように自分のプライオリティが定まっている人はやっぱり強い。
無駄が少ないし、迷いも少ない。その分、ある1つの目的に対する到達も早い。私も彼と同じ時期転職活動をしていたんですが、未だに決まってないし、決めきれない自分がいたことも確か。常に迷いがあった。結局、プライオリティが定かじゃないので、決断が下せないんですよ。どの会社に対しても不満があったし。

私のように抽象的なもの(もっと良い暮らし、そこそこお金があって、好きなことが出来て、ストレスが少ない暮らしみたいな)をプライオリティにしている人間が殆どだと思うけれど、抽象的なものはあくまでも抽象的で時代とともに形を変えてしまったり、簡単に変わってしまって、際限なく求め続けることになり満足することがない。

最後には、時代や世間に迎合することになって、自分をなくしてしまう。
これこそ最高の不幸じゃないでしょうか?だって、永遠に幸せになれないんですから。
まぁ、だから人間は業の深い生き物なんでしょうけど。
欲望は求めたらキリがない。実態がないものを求めてるわけですからね。

また、観念という実態のないものにプライオリティを置く人も同じ。
名誉とか地位とか名声とかね。
何で名誉を得たいのか、何で地位を得たいのか、何で名声を得たいのか。
本来なら、この「何で」がメルクマールになるはずです。

もっと良い暮らしとは、どんな暮らし?そこそこのお金はどのくらい?好きなことが出来るための条件は?ストレスをなくすにはどうしたらいい?
具体性、それも出来れば物理的な実態のあるもの・数字があるのが一番いい。

ただ、漠然としたままでは、いつまでも雲をつかもうとしているのと一緒なわけです。

私がすべきこと、それはメルクマールを定めることですね。

まぁ、Iさんが読んだら…多分、彼はまだまだ自分のメルクマールに対して満足している感じはしないから、なんか言われそうだけど(爆)

私は、あなたの生き方に共感してるんですよ。
そして、あなたに会えたことに感謝しています。

2006.12.17 Sunday 02:02

部屋を快適にする その2 ‐加湿器&アロマナイザー編‐

冬。乾燥する冬。お肌にもよくない冬。
私は、冬場はガスヒーターを使用(エアコンがあんまり好きじゃないので…)。
当然部屋は乾燥する。

ラグをひいてから、かなり部屋の保温率は高まったけれど、乾燥に悩まされていた。
寝る間際までヒーターをつけていると、布団に入ってから咳が止まらなくなり、せっかく治りかけていた肌がヒーターをつけ始めたら、また悪化を始めた。

加湿器は買おうかな…と迷っていた程度だったけれども、切羽詰った「買う」に変わった。冬の初めに、デザインが非常に気に入って買おうと思っていた加湿器があったんですが、アロマナイザーが付いていないことが引っかかってました。

I.D.E.A internationalというデザイナー集団ともいえる、インハウスでデザインを行っている企業が起こしている「TAKUMI」というブランドラインの加湿器です。
この会社については、時計のイメージが強かったのでちょっと驚いたんですけどね。



最近はデザイン家電がいろいろ出ていて楽しい。
一番の有名どころだと、AMADANAだと思うんですが…あんまり好みじゃないんですよね。
AMADANAもアロマナイザー付き加湿器だしましたけどね。

話が脱線しましたが、加湿器のデザインモノはまだまだ少なくて、且つ、アロマナイザー機能を持つものとなると、さらに減る。
AMADANAか、Electrolux±0  Humidifier Ver.3か、今回買ったTAKUMIのMini Chimney(この吟味開始時点では、存在を知りませんでしたが)の4つってところですが(他にもあるけど、他のはデザイン家電っていうほどのものではないので割愛)、まずAMADANAは即、選択肢から消えた。(しつこいようだけど、あんまり好きじゃない)

で、エレクトロラックスと±0のは現物を吟味しにまでいったんですが、エレクトロラックスはデザイン的に普通の家電とデザイン家電の境に感じたので、面白みにかけてNG。
価格・機能的には、絶対にコレだと思ってたんですけどね。
で、±0のHumidifierは「でかすぎる」。デザイン的には申し分ないんですが、如何せん私の部屋に置くとなると間違いなく「邪魔になる」。なので、こちらも断念。

う〜ん…と行き詰って、一生懸命ネットで検索。
いま一度、Chimney2のスペックを確認しようと思って、TAKUMIのサイトへ。

で、よくよく見てみると、あるじゃないですか!
Mini Chimneyっていうものが!なんだ、なんだ、と思ってよく調べて見ると価格が、エレクトロラックスと同じ。w(・o・)w オオー!

買いだ、買い。

ただ、ちょっとスペックが弱かったので迷ったんですけど…エイヤッ!と買ってしまいました。5色ありますが私は「びわ」(オレンジ)にしました。
名前がかわいいですよね。ゆき(白)、そら(ブルー)、すな(グレー)、あずき(ブラウン)そして、びわ(オレンジ)。
どの色も淡い色なので、どんな部屋でも主張しすぎることがなくてとても素敵だと思います。でも、あるサイトによると、びわとそらはあんまり人気がないみたい。
一番人気は、なんと言っても“ゆき”。そして二番手が“すな”らしいです。

確かに、今流行の感じのインテリアの部屋だとこの2色は、落選ですよね。
私も最初は“ゆき”にしようかと思ってたんですけど、よく考えてみると私の部屋の基調カラーから“びわ”いけるな、遊びがあってもいいよな、と思って“びわ”にしました。
結論として、この色にしてよかったと思います。きれいな色ですよ。

で、また、今回購入したストアも超早い。2日後に到着しました。
しかも、送料無料期間中だったので、ラッキー。
しかし、、、届いた箱を見てびびる。
ち、ちいさい。この中に本当に加湿器が?と疑いたくなるほどの小さい箱。
箱がこれってことは、中はもっと…とあけてみると、不安になるくらい小さな煙突が。

こんなに軽くてちっぽけで、役割果たせるのかよ…これで8400円…とちょっと凹む。
水もなんと、45mlしか使わない。小さいとは思っていたけど、ココまで小さいとはorz
加湿器って言うより、アロマナイザーで売り出した方がいいんじゃないの?とすら、思った。

ところが、ですよ。

コイツ、強い(笑)
そうはいっても買ってしまったので、45mlの水にラベンダーのアロマオイルを2滴ばかりたらして、つけて寝ました。
すると、もくもくと白い煙(?)を吐き出してなんだか、カワイイ。まさに煙突。
すごいなースゴイ仕事だなー。煙突型の加湿器から、もくもく煙を出してみせる懲り方にまず、惚れる。

そして、翌朝…部屋がラベンダーの香りに包まれ、いい気分。
部屋に入ってきた母も「あら、凄くいいにおい」ですと。
ヒーターを寝る直前まで焚いていたにも関わらず、咳き込んでいない自分に気付く。あらま。

こいつは、ひょっとしていいヤツかもしれない、と思い至る(笑)

購入してから5日目なりますが、いまや、部屋にいる時コイツがついていないのが、落ち着かない。机の上に置けるので、顔の近くにあるせいか潤いを感じるし、ヒーターで部屋が熱くなっても、息苦しさを感じない。

超音波ってもしかして、すごいのか?
連続使用(間歇モードっていうのもある)で1〜2時間と仕様書にはあったけれど、実際はもっと持ちます。3,4時間は最低でも持っている。寝る直前に水を足したら、朝まで持っているもの。(この加湿器は、水がなくなると自動的に電源が切れる)

水もたったの45mlなので、大量の重たい水を足すの違って気軽にできるので、メンドクサイかと思っていたけれど、全然苦にならない。それこそ、水を飲むついでに入れている感じ。私の部屋には、コレで十分だったと思われます。

あんなに凹んでいたのが嘘のようです(笑)
いやーよかった、よかった。
今回のお買い物も勝ちだな♪

値段、大きさも手ごろなのでこのシーズンの贈り物にも最適ですよ。
しかし…小さい方で威力を感じてしまった私は、しきりに母にリビング用に大きいのを買うことを薦めていたりします(笑)っていうか、単に欲しい。。。(買ったら密かに自分の部屋に持ち込もうと目論んだ)

でも、母もアロマナイザーがついていないのが不満らしいです。やっぱり似たもの親子ですなw
真面目にいいですよ、コレ。部屋が広い人にはお勧めしませんが、私くらいの部屋の人(5.5畳)には十分だと思います。迷ってる方、買っちゃってください!(笑)

また快適度が増しちゃったなー♪

2006.12.08 Friday 00:04

部屋を快適にする その1 ‐ラグマット編‐

部屋を片付けるシリーズの続編(笑)
平日は帰りが遅く、休日は殆ど家にいない私。
でも、だからこそ、部屋を快適にしたい。

自分だけの空間。自分の趣味や好みのものだけ。私の城。癒し。私の帰る場所。
そんな空間だからこそ、快適にしたいのであります。

冬。寒い冬。
寒い部屋は、快適とはいえない。

私の部屋は濃い茶色のフローリング。
夏はひんやりして気持ち良いけれど、冬は冷気を含んでつま先から冷やしてしまう。
また、部屋の保温も悪くなる。

なので、昨年の冬からラグマットを買おうかどうしようか悩んでいました。
一応、探してはいたのですが、なかなか気に入ったものがない。
いいと思ったら大概バカ高かったりして、コレにここまでかけるか?と私自身の価値観との相違のハザマで非常に悩ましく、購入にまで至っていませんでした。

妥協するのも嫌だしね。
デザインと価格の整合性、コレ重要(笑)

ある日、いつものように大好きな楽天のメルマガチェックをしていたら、ラグやカーテンが安い店を発見。サイトを隅々までチェックしていました。

実は、カーテンも冬用にしようと思っていて、それはもうどれにするか決まっている。
厳密には、生地が決まっていて母に縫ってもらう予定です。
出来上がったらまたアップしますが、ともかく、私が決めているカーテンの柄からすると、ラグまで柄物にすると部屋がうるさくなる。

なので、シンプルなものにしよう、と決めました。
でも、単なる無地も面白くない…なんかいいのないかな…とチェックをし続けました。
…で、遂にデザインと価格の整合性が取れた理想的なブツを発見。

定価は22,050円ですが…ナント8,400円(爆)
大丈夫かいな〜と思いつつも、買っちゃいました。
ソレはコレです!


写真は、アイボリーですが、私はベージュにしました。色が濃いラグは確かにおしゃれだけれど、埃などの汚れが目立って掃除が大変ですからね。
…届いてみると、想像以上によかった。
毛足が少し長めで、凄くやわらかくて肌触りがよくて、気持ちいいの。
見た目も、ネットで見たものより全然よかった。質がよい感じ。私は、質感には相当こだわります。

私的には、通販ものにありがちな定価は高くて、ビジュアルは写真のような遠目ならよく見えるけど、実際の質はあまりよくない、ってものを想像してました。
ま、商品にいくらの金額をつけるかなんて、自由ですからね。
もっと安っぽいものを想像してました。なんせ、8,400円ですから(笑)

スーツなんかでもそうですが、デザインはよくても生地の質感で安っぽくなりますからね。いわゆるホームセンターにあるような質感のものだったらどうしようかと、思ってはいましたけど。こういう大物で質感が悪いものが1つあると、それだけで部屋の質感が安っぽくなるから、一か八かの賭けでした。
とはいえネットショッピングには、ある程度の思い切りも必要です。でも、今回は私の勝ち(笑)

このお店、対応もよかった。商品が届くまでが超早い。
まず、日曜日の夕方に注文をしたら、夜に自動応答ではない、ショップから直接の注文確認メールが来た。休みの日も受注チェックしているなんて偉い。

で、月曜日には配送日が確定し、火曜日には到着しました。
あまりの早さにビックリしました。

ちなみに、母親がキッチンが寒いというので(風の通りが良いんですわ)、ハロゲンヒーターも同時に購入。小さくてキッチンでも邪魔にならないし、おもちゃばりに軽い。
なかなか良いものでした。


ラグをひいたら、確かに部屋の保温性が高まったし、お布団をひいても温かい。
フローリングに直に布団をひくと、床の冷たさが布団を通して沁みてくるんですよ。
お陰で、朝なかなか布団から出られませんが…(笑)

また1つ、部屋が快適になりました。
部屋から出たくなくなるくらいの、自分にとって快適な部屋を目指します!(笑)




2006.11.05 Sunday 01:36

部屋を片付ける その2 -ゴミ箱編-

今の家に引っ越して早2年半。
今まで、自分の部屋と言うものを持ったことがなかった私は、
あらゆる家具をそろえた。

が、しかし、1つだけ、そろえていなかったものがある。
それは、「ゴミ箱」。

今の部屋は、相当こだわって家具をそろえている。
自分のイメージに近いものをそろえている、といってもいい。
まず、色が決まっている。
それなしでも、本やら何やらものが多い私は、部屋が雑多になる傾向がある。
なので、家具の色はそろえているのである。

基本色は、白、シルバー、ガラス、赤、橙。
この4色以外の家具はない。小物もできるだけ、このカラーのものを選んでいる。
傾向としては、収納家具はすべて白、雑貨系(引き出し、シュレッダー、ソファーなど)は赤。配色のバランスも気を遣ってますのよ。

そんな中、どうしても「コレだ!」と言えるものがなかったのがゴミ箱なのであります。
私の選択を難しくしていた条件が「分別」。
分別できるゴミ箱を探すとまず「大きい」。小さいと思えば「デザインがイマイチ」。
ゴミ箱を2個おく案も考えたのですが、やっぱり部屋が狭いので「邪魔」。

で、カレコレ2年半も紙ゴミは、買い物袋をぶら下げたものに捨てる。
燃えないゴミは、キッチンまで持っていくという生活を続けていました。

ゴミ箱って、そうそう買い換えるものではないので、妥協も出来ない。
前のゴミ箱はナント、20年近く使ってました。(赤いミッキーのゴミ箱)
そもそも、壊れるものじゃないし、洗えばきれいになるしね。
私は、非常に物持ちがいい人なんです(^。^;;
どうしたものか…と思いながらも、ハンズやLoftに行ってはゴミ箱を探すっていうのを、結構マメにやってました。

けれども、実際に今回買ったゴミ箱を発見したのはお店ではありませんでした。
dionsのカタログです。
が、結構いい値段でねー。ゴミ箱なのに8,000円くらいする。
まぁ、仕方ないか…と思いつつ、念のため、楽天で検索をしたら…。
ほぼ、半額で売ってるではありませんか!
危ないとこだったw

コレが、今回私のおメガネにかなった、ゴミ箱です。↓
2つに分けて使える、お洒落な分別ゴミ箱♪Guhダストボックス
この写真では、ベージュと白ですが、私は白×白のものを購入しました。
これ、凄く便利ですよ。
二つに分かれますからね。燃えるゴミと燃えないゴミは収集日が違いますからね。
私は小さい丸の方を燃えないゴミ入れにしています。

思ったよりも容量があって、結構入る。
コレは願ったり叶ったりで、使い勝手は◎です。

しかし、キッチン用はともかく、リビング用とかのゴミ箱って、何でセンス悪いものが多いんでしょうかね?ゴミ箱を侮ってますよ。
絶対必要なものだけに、部屋のアクセントにもなりうるってことを業者は考えて欲しいですね。

ホント、このゴミ箱にたどり着くまでは長い道のりでした(笑)
見つかってよかったです。そして、楽天検索してよかったです(爆)



2006.11.05 Sunday 00:14

部屋を片付ける その1 -ハンガーラック編-

相変わらずの多忙な日々。
気付けば、部屋は大変なことにw
なので、この連休は部屋を片付けよう!と一週間前から考えていました。
そこで、休みまでに届くように前から目をつけていたあるブツを購入しました。

私の部屋にはもちろん、クローゼットがあります。
しかし、今はちょうど夏〜冬への変わり目で、クリーニングに出したくても出せない状態。(まとめてクリーニング屋さんに預けてしまうので)

よって、洋服増殖中&元々、よく着る服はどうも外にかけてしまう傾向が。
着る→脱いで直ぐ入れると蒸れる→しばらく部屋にかけておく→次の着る機会に!という悪循環を辿り、こんなことになっていました。↓
使用前使用前


で、今回購入したブツとは、いわゆるハンガー掛けというものになるんでしょうが、一風変わってるのが、「壁に立てかける」タイプなんです。
なので、それほど場所をとることを考えなくてもいい。
当然、出っ張りはしますが、家具のようにシッカリ設置する場所をとる必要もないんです。

私の部屋は5.5畳と狭い上に、既に家具はソレ相応に配置してあるし、本が場所をとっていて家具を置く場所はないですからね。なんかいい方法ないかなぁ。。。と考えていました。

私の好きな雑貨サイトでかなり前に見かけていて、ちゃんとしたデザイナーによる設計なので、小洒落ているし前々から気になっていましたが、まぁ、必要性はないわな、と思っていましたが、ハタと思いついたわけです。
「アレ、使えばいいんじゃない?私の部屋でもアレなら置けそう」

本棚に掛けた状態のままでは、正直、見た目暑苦しいというか、汚らしくてなんかヤダ(笑)じゃあ、片付けろって言う話なんですが(;´▽`lllA``

で、問題のブツとは、コレです。↓
Wall 02 Hanger ホワイト

で、使用後、どうなったかといいますと、
使用後使用後

こんな按配です。どうです?少しスッキリしたでしょう?
思ったより大きかったので、ちょっとビビりましたが何とか収まりました。
が、下においてあったマガジンラックの行き場所がなくなったので、
今度、模様替えします(爆)
(パブロンの位置がポイント。ほぼ同じ位置から撮ってます。ちなみに風邪ひいてますw)

でも、本棚にも立てかけられてしまうのは非常いい。
(ちなみにこの本棚は、天井まであります)
洋服を掛ける前は、安定感がなくて直ぐ動いてしまい、その斜め下に布団を敷いて寝る私は、朝、無事に目覚められるか一瞬心配しました(爆)

が、服を掛けてみたら、どっしりと安定感もあり大丈夫な感じ。
試しに一晩、寝てみましたが、全然動いておらず大丈夫でした。ヾ(^o^;)o ォィォィ

今はちょっと洋服が多いので、若干暑苦しい感がありますが、クリーニングに出してしまえばスッキリする予定です。
バッグなどを置く棚もあるので、とてもいい。
コレはいい買い物だったと、ご満悦です。

ちなみに、普通の棚もありますよ。
場所にお悩みの方、是非、ご購入アレ。

<<new | 1 / 2pages | old>>
 
PR
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
TRACKBACK
PROFILE
もじでパーツ
Rの本棚
MOBILE
LINK
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SEARCH
OTHER

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.