2017.03.23 Thursday

スポンサーサイト

  • Author : スポンサードリンク
  • 0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • - | - |

    2011.03.13 Sunday 17:20

    みなさん、無事ですか?

     ひとまず、我が家は夫婦ともども無事です。
    家も、物の微々たる移動くらいで、無傷でした。
    あれだけの揺れに耐えたのは、ちょっと驚きでしたね。

    無事であることに、感謝しています。
    実際体験してみると、どんなことも他人事に感じられず、心が痛いです。

    災害支援に当たっている夫を支えることが、無力な自分に唯一できることですが。
    あとは微々たる額ですが、寄付をさせていただきました。

    一人でも多くの人が助かりますように。

    2008.07.27 Sunday 20:23

    希望のカケラに出会う -カケラバンク-

    今日たまたま、ホントたまたま、用事があって青葉台まで行きました。
    ちょっと疲れてスタバで一服。
    モチロン、喫煙者は外なので外席を陣取って、ぷかぷかしてたんですが、
    ライヴイベント中でBGMにちょうど良いじゃん、ぐらいな気持ちで観てました。

    ところがどっこい。良いじゃないの。

    当年とって35歳。汚れきった大人です(笑)
    彼らの歌を聴いてたら、不覚にも泣きそうになってしまった。
    昔の自分、まだ大人に毛が生えた程度の頃の自分。

    おそらく今、その時代真っ盛りの彼らの言葉は、非常に力があって、胸に沁みた。
    あがく自分、コレで良いのか、と迷う自分。
    不安で、誰かに肯定してもらいたくて…。

    一日を積み重ねて、色んな経験をして今の自分がある。
    若い頃の努力や苦しみは、間違いなく糧となり自信となる。
    そして、今の自分がいる。

    今の自分と昔の自分。
    変わらないつもりでいても、変わっているんだなぁ、と気付かされた。
    不安の種類からして、代わっている。
    恐らく、これでいいんだろうか、という迷い、不安は一生付きまとう。

    それでも、振り返ってみると、かなりの距離を歩いて来ていて、その間にいろんなものを拾い、手に入れきていることに気付く。
    満足には程遠いけど、「まぁ、悪くない」。
    まだ、先は長い。これからも、色んなものを手に入れていける。

    彼らとは、相当年は離れていると思うけど、それでも私にもカケラが届いた。
    希望を感じさせてくれる、本当に良いアーティストだと思います。
    歌に魂がある。頑張ってほしいです。

    というわけで、私がインディーズのCDをその場で買う、ということはまずありえないんですが、買っちゃいました(;´▽`lllA``
    サインは、恥ずかしいので辞退して帰ってきちゃいました。
    良かったら、聞いてみてください。(YouTubeのリンク貼っときます)

    カケラバンク
    男性2名。ギターとパーカッションの組み合わせです。
    この辺が私の好みにはまった部分もあると思う。
    でも、ボーカルの彼は、とても強い良い目をしていたし、歌も上手かったですヨ。
    パーカッションの彼がどうとかじゃなくて、単に帽子と眼鏡でよく見えなかっただけ(笑)

    CDはちょっと微妙かな。まぁ、インディーズCDなので仕方ないし、彼らの歌は、荒削りのライブの方が向いている気がする。
    どうしても、CDだと「キレイさ」が優先してしまって、魂が抜けちゃう部分もあるからね。
    ライブ音源の方が良いです。
    この曲が一番好きでした。



    もっと知りたい方は、MySpaceの彼らのページへどうぞ。↓
    http://www.myspace.com/kakerabank


    JUGEMテーマ:音楽


    2008.02.22 Friday 23:08

    足りないものメーカー&取扱説明書メーカー

    暇なんです(笑)
    昨日なんか、他部署の人に用事があって会社に電話したら、その人と30分も長電話してしまった…スイマセン。迷惑千万でした(反省)

    薬飲んだら眠くなって寝ちゃうし、目覚めても起き上がる時の激痛を考えたら動く気もしない。
    食事やトイレで起き上がったら、起き上がったで今度は、また寝る時の痛みを考えると、寝ることをためらってしまう。今その状態ね(笑)

    いい加減寝てることにも飽きてきたし(;´▽`lllA``

    というわけで、ちょいとまた、遊び。
    ○○メーカーって流行ってるじゃない?それの新しいのを発見したので、やってみた。
    (某ショップのメルマガに載ってた)

    今回は、足りないものメーカー
    私の名前をスペースなしでやってみると下記のような結果が出たので、
    反論と同時に掲載(笑)

    Rさんは周りの人に、以下のものが足りないと思われています。

    ・化粧 (25%) →厚化粧ですが( ゚Д゚)ナニカ?
    ・体重 (23%) →太り気味ですが( ゚Д゚)ナニカ?
    ・粘り気 (17%) →確かにない。
    ・メモリ (16%) →コレも確かにない。
    ・ハッタリ (13%) →得意ですが( ゚Д゚)ナニカ?
    ・ワキ毛 (6%) →そもそもいらんがなw

    スペースありでやると結果が違うのよね。
    コレってどうなんだろう、とすごく思う(笑)

    ついでなんで、取り扱い説明書も。

    Rさんをご使用する際には以下のことに気を付けて下さい。

    よきせずに大音量を発することがありますので、ご注意下さい。
    お手入れの際、必ずアルコールの使用量をお守り下さい。動作がおかしくなる原因になります。
    使用できるのは、基本的に国内のみです。
    長時間の動作を想定していませんので、業務用として使用しないで下さい。

    ------------------------------------------------------------------
    また、Rさんを以下の場所でご使用にならないよう気を付けて下さい。
    静かなところ
    屋外

    ------------------------------------------------------------------
    Rさんが故障かな?と思われる場合は以下のことを試してみて下さい。
    足の臭いをかいで、異常が無いようでしたら使用を続けても問題ありません。

    それでもRさんが正常に動作しない場合は。
    もう少し様子をみて下さい。

    なんのこっちゃ、ですが(笑)
    暇なんだもん。
    あ、座ってるのがしんどくなってきた。。。うーん。
    ちょっとウロウロします(笑)

    みなさんも暇つぶしにやってみては?
    ホント、ただの暇つぶしだけど(笑)




    2008.02.16 Saturday 23:46

    デュエット(初回限定盤・DVD付)/チック・コリア&上原ひろみ

    評価:
    チック・コリア&上原ひろみ
    UNIVERSAL CLASSICS(P)(M)
    ¥ 2,975
    (2008-01-30)
    JUGEMテーマ:音楽


    そのうちサイド表示しますが、とりあえず、こっちに。
    ちょっとビックリしたので。

    だって、チック・コリアとですよ?すごくないですか?
    上原ひろみは、日本のJazz界では大注目の若手ピアニスト。
    久々に世界レベルでやれるアーティストしかも、女性ですからね。

    だからといって、チック・コリアと競演なんて…どういう経緯かはわかりませんが、すごすぎる。ブルーノート東京でのセッション時のライブアルバムです。
    しくったなぁ…会報誌来てるのに…ちゃんと見てなかった。

    遅ればせながら、私もちょうど1年位前に始めて彼女のピアノを聴いて、w(・o・)w オオー!と思って注目してたんです。まぁ、別件でネットのニュースにはなってましたけど(結婚ネタ)。

    さて、このアルバム。
    買っちゃいましたよ〜(;´▽`lllA``
    ちょっと視聴したら良いんだもん。

    レニー・クラヴィッツの新譜と悩んだんですが、こっちが勝ちました。
    ナンだろうなぁ…いいんですよ、とにかくヾ(^o^;)o ォィォィ
    音楽って言葉で表現するのが難しいので、あまり書かないんですが…。
    言葉と感じるところが違うんでしょうね。

    音楽は一瞬一瞬の連続の刺激なので、その瞬間の感情をどうにも捕まえられない。
    いわば、数分間の間にめまぐるしくドラマが繰り広げられて、それと一緒に感情も乱高下する感じ。
    だから言葉で聞いた感想を表せるのは、ざっくりとした全体像になってしまうし、そもそも音楽は言葉とは別次元の表現方法ですから、言葉で表すものではない、と私は思っています。言ってしまえば、感じるもの、個々人の体験。

    私は、音楽ではピアノものが一番好きなんですが、まずその繊細な元の音色が、演奏者の感性で激しくもやさしくもなって、全く別種のものに変化するからなんです。

    ピアノのという楽器で演奏されていることは確かなんですが、聞く側としては聞いているうちに、ピアノの元の音の存在からかけ離れたもっと別次元の精神世界に誘導してくれる気がするんです。つまり「ピアノを聴いている」という感覚ではなくなるんですね。
    その繊細さゆえに、粒子のように人の心に入りやすいのかもしれない。

    私は、まず、ライヴCDというのは好きなアーティストでも滅多に買わないんですが、これは思わず買いましたね。試聴であっという間に吸い込まれちゃったんですよ。

    あんまり外で聞きたいものじゃないかもしれない。
    じっくり聞きたい感じの作品です。
    今も流しつつ書いてるんですが、つい手が止まってしまって、聞いてしまいます。

    というか、この作品ほど、ながら聞きに適さないCDはなかなかないかもしれない。
    話しかけられているかのように、何をしていても耳を奪われる。
    何かの没頭して、つかの間、聞き流しはしても気付くとまた引き戻されている。
    バックグランドミュージックには、絶対に適しませんよ、ながら聞きを許してくれない。おしゃべりなCDです(笑)

    ホント不思議ですよね。調律とかピアノの種類が違ってもピアノはピアノ。
    同じピアノのはずなのに、そんなに耳が良いわけではない私でも、どっちの音がどっちってわかるんですよね。

    上原さんは、あのかわいらしい顔と華奢な体では考えられないくらいパワフルな演奏をする人ですが、チック・コリアの個性的な音と相まって、独特のハーモニーになっている。音の相性がいいのかもしれませんね。デュエットというよりは、対話という感じがする。感性のぶつかり合いではなく、なんというか夜空を見上げながら、尽きるともないおしゃべりをしている親友同士というか。

    気持ちをゆさぶられる、というよりは、何だか温かい気持ちになれる。
    わくわくするような面白い話を聞かされている感じというか、いい話を聞いた後の感覚みたいな感じというか。とても素敵です。(っつうか、聞いてて一人興奮w)

    これはオススメですよ。
    ライブアルバムにしても、音もいいですし。(さすがブルーノートですね)
    JazzのライブCDはいいですね。やっぱり、作られてない生の音という感じがJazzにはあっている。Jazzっておしゃれなものではなくて、本来は荒削りで自由な音楽だと私は思うんですよね。
    どういう人に勧めたら良いんだろう…。
    とりあえず、Jazz好きの人に(笑)

    4月に武道館で再演するらしい。行きたいなぁ…。
    というわけで、チケットプレオーダーしちゃった。
    一緒に行く人も決まったし♪超楽しみ♪

    2008.02.15 Friday 23:31

    頭の回転速度を測ってみた

    JUGEMテーマ:コンピュータ

    週末だし、たまには遊びを…ということで、Newブログパーツ「脳速検定」です。
    最近流行の脳関連のゲームです。このブログの右中央くらいにコンテンツとして追加しています。息抜きにどうぞ。
    なんだろうね、最近の日本人は脳みそ気になるあるね(笑)

    脳関連のゲームが年代問わずウケているところを見ると、理由は様々でしょうね。
    10代〜20代は好きなゲーム遊びを兼ねた脳トレだろうし、30代〜40代は最も頭脳労働を強いられる年代で、頭の回転は速くしたという欲求&願望+衰えへの漠然とした恐怖、50代以上は、痴呆への恐怖。

    年代が上がることに、切実になるわけですがいずれにせよ「脳ミソ頼り」な世の中なわけです。

    しかし、こういう脳トレでどこまで、各年代が求めていることって達成できるんでしょうね?確かに人間の全身を掌るのは脳みそなわけですが、たとえば、この脳トレをやると、人を思いやる気持ちが芽生える、とか、粗暴さが治るとか…っていうのはないんですかね?

    脳トレっていうのは、どこまで脳に影響を与えるのか、具体的な効果は恐らく誰にもわからないんじゃないかなぁ?脳のどこの部位に刺激がある、というのは計器で計れるのでしょうけど、実際、その部位がどういう役割を果たしているか、というような細かなことは、まだわかってないことが多いわけですからね。

    だからこそ、茂木健一郎先生が人気があるわけで。(まぁ、実際、本はおもしろいですけど)わかりやすく、面白く脳について教えてくれるから人気なんでしょうけど、ホント現代日本人の脳好きは、よく考えてみるとおかしな現象ですよね。

    とはいえ、私自身もこのゲームでたとえば、どれだけ早く指定された文字列と同じ文字を選んで、文字列を作れるか、という問題がありますが、この能力が早いと○○にいいとか、××する能力に優れているとか…そういう細かい理由が気になってしまうのでありました。人体の神秘に対する人間らしい好奇心といえば、そうなのかもしれませんね。

    「脳トレゲームで脳を鍛える」といいながら、実は効果としては「ゲームを楽しむ」ってことが脳に与える影響としては一番良い、という結果のような気がしなくもないですが(笑)

    さて、気になる私のランキングですが…イヒヒ。

    20141人中649位でした。回転数は653。

    なかなか、いんじゃない?(笑)仕事して帰ってきて、疲れてる夜中にやったことを考える…ウヒヒ。まだイケテマスヾ(^o^;)o ォィォィ

    このゲームは、【文字列判別】【文字並べ】【語句記憶】の3種類×3問、合計9問ですが、私は、語句記憶が苦手ですねぇ…よく仕事しながらちょっと電話に出たり、質問されたりすると「あれ?今私何してたっけ?」となる3歩歩いたら忘れる鶏女だから仕方ないか(爆)

    皆さんも挑戦してみてください★

    2008.02.06 Wednesday 22:51

    inside blues/海&DJ SUMICO

    JUGEMテーマ:音楽

    インディーズレーベル、和製HIP HOP。
    まず私を知る人は、守備範囲外になぜ?!と思われるでしょうね(笑)
    そもそも、あまり音楽についての記事は書かないですし。
    どういう風の吹き回し?って感じ?

    まず、このアーティストは何者か。
    福岡を中心に活動するMC&DJ。
    殆ど地域密着なので首都圏ではまだあまり知られていない、隠れた逸材、かもしれません。

    正直、このジャンルは私的に圧倒的に知識も視聴も足りていないので、比較のしようは殆どないですし、偉そうなことはいえないので、私の感覚だけで話をさせて貰うと、いわゆる、売れセンのHIPHOPよりは何倍も聞き応えがあります。
    聞いてて、つらくないですし、素人臭さもない。
    耳に残る曲も何曲かあって、アルバム自体に個性も面白さもあります。
    HIPHOP寄りの楽曲ばかりではなく、間にJazzyな曲もありますしね。

    媚もないし、歌謡曲HIPHOPのような変な甘ったるい痛さもない、硬派な作品です。
    私は、洋物のHIPHOPは割と聞くのでそこと比較させてもらうと、なんというか、本気のHIPHOPってなんとなくトーンが暗いんですが、そういう感じ、といえばわかりますかね?ナンパとか騒ぐのが目的じゃなくて、音楽聴きながら浸って踊りたい人向け、というか。

    EMINEMやR.KELLYのようなメジャー路線じゃなくて…あーーー名前が浮かばない。。。どうしても思い出せないんですけど、近いアーティストがいたんですけど…
    CDを友達に貸したまま返ってこなかったから、名前を思い出す手段がないwあとちょっとって感じで引っかかってる(笑)

    15年位前に結構売れた人なんですけど。。。これじゃ説明になりませんね。
    重厚感が圧倒的で、聞いた時の感覚だけが妙に生々しく残った人なんですけどね。
    それに近い(なんのことやらわからんですね。スイマセン)。

    硬派なHIPHOPが好きな人は一度聞く価値はあると思います。
    買って損した、と思うことはないと思います。
    インディーズレーベルだからといって、侮ることなかれ、です。
    新しいアーティストを発掘するのが好きな人は、ぜひ。
    Amazonでも、Yahoo!でも楽天でもHMVでも買えます。

    万人ウケを狙った作品ではないのであとは好みの問題になりますが、私個人的には好きな部類には入ります。ただ、音楽のジャンルとして私の好みとは違うので積極的には聞きませんが、流しっぱなしでも別に問題はないですね。現に今も流してますし。

    兄貴の車でかかってる音楽はイラっと来るけど。(私にすれば中途半端にナンパな歌謡曲ロックでしかない。)

    以上、ある意味広告ですが、感想は本心です(笑)

    評価:
    海&DJ SUMICO
    インディーズ・メーカー
    ¥ 2,100
    (2004-09-08)


    2007.06.10 Sunday 19:13

    あら便利!軍配は…AmazonVSセブンアンドワイ

    世の中便利になったもんです。
    というか、さすがAmazonですね。革新的な機能を考えるのがうまい。
    私は、今までセブンアンドワイ派(謎)として生きてきましたが…
    Amazon派に乗り換えることになるのかなぁ…というか、私にとって有用なサービスが出てしまった、というだけの話なんですが、書籍購入におけるメインのサイトをAmazonに変えることにしました。

    それが今回のAmazonプライム
    なんてことはないんです。年会費3900円を払うと、通常350円かかるお急ぎ便が使いたい放題になるっていうだけの話。有料ですが、年間10回以上使えばいいわけですよ。
    本好きの私にとってはこれが結構でかい。
    確かに、セブンアンドワイも配送は遅くありません。けれど、配達日がグレーなんですよ。翌日の場合もあれば、翌々日の場合もある。
    けれども、Amazonプライムの場合は、画面上部にお届け日を明記しています。
    しかもほぼ、翌日です。

    以前、ネットショップに勤めていた私ですから、これがいかに大変かっていうことが非常によくわかる。簡単な機能のような感じがしますが、これって実は流通がしっかりしていないとできないっていう、かなり大きな話なんです。
    約束の日付に届けられないことで怒るお客様は結構多いので、できればグレーにしておきたい部分ではあるんです。

    セブンアンドワイでは、取り寄せで注文するより、ステータスが在庫ありに変わるのを待って、後から「在庫あり」で注文した場合の方が早く届くことが多いです。これすごいむかつくんですけど、この問題は昔から今に至っていまだに解消されていません。
    昔、それを体験して、つい一ヶ月前、うっかりやってしまってまた同じ目に遇いました…orz

    しかも、取り寄せした場合、キャンセルできないんですよね。出版社に取り寄せ依頼を出しているため、ここでキャンセルされると在庫が増えてしまうからなんでしょうけど、ユーザーにとっては、そんなこと知るかって話だったりします。

    私ほど、本を読むことがマニア化していない人にとっては、微妙かもしれませんが「どうしてもすぐ読みたい」っていうことが少なからずあるんです。
    また資格試験の本などは、中途半端な規模の書店ではおいていないことが多々あるので、ネットに頼らざるを得ないことが多々ありますが、資格本は一日も早く勉強したいですから、やっぱり早く届いて欲しい。

    あと、意外と私は忙しい生活を送っているので、ある程度退社後のスケジュールというのを頭の中で組んでいます。だから、帰ってからあの本が届いているはずだから…と組んでいたりするんですが、セブンアンドワイは当てが外れることがある。

    些細なグレーの部分がその日の予定を崩してしまうことがあるんですね。
    これは困る。

    本のネットショップの特徴である1,500円以上、送料無料ってやつですが、急いで欲しい本が1,500円以下の場合「無理やり余計な本を買ってしまう」という無駄が発生していたんですね。(私は送料払ってまで本は買いません。その分、本の購入代金に当てたいもの)

    多いときは5店舗もあった地元の本屋がことごとく撤退し、一番品揃えが最悪と思っていた駅に近い本屋が生き残ってしまった私の街では、本好きはネットショッピングなしには生きていけないのです。
    営業を引退してしまったので、本屋にもしょっちゅうは行けないし、私の会社の下にある本屋は結構大きいですが「探しにくいことこの上ない」ですし、帰りに重たい本を持って帰りたくありません。

    アマゾンはユーザーの囲い込みがうまいですね。
    些細だけど、大きなことに目をつけた。
    ユーザーの「すぐ読みたい」という志向をちゃんと捕らえている。

    セブンアンドワイのセブンイレブンで受け取れるっていうサービスはとても大きなメリットではあると思うんですけど、近くにセブンがない人とか、私みたいに遠回りして帰らないと行けなくなる人にとっては、無用もしくは微妙なシステムなんですね。
    万人には通用しないサービスなわけです。

    今までは、1,500円以下の商品を頼む時は、このサービスを利用していましたが今後は、必要がなくなってしまいました。しかも、セブンイレブンで受け取るサービスはカード宅配の注文より到着まで若干の日数を要します。便利だけれど、完璧ではなかったんですわ。

    つまり今回のAmazonプライムは、本を買うのにちょっと不便に感じていたことが補完されたってことですよね。

    また、アマゾンは商品を買うとポイントがつくし、さらにアマゾンに行くまでにショッピングのポータルサイトを経由するとさらにそこでもポイントがつく(これはセブンアンドワイもやっていますが)、さらに今回は私は「Amazonクレジットカード」にも入会しました。このカード、入会すると2000円分のキャッシュバックがあります。本で2000円はかなりでかい。さらにカードにはポイントがつくし…ということで、完全に軍配がアマゾンに上がったというわけです。

    かゆい所に手が届くサービス。これが今後のネットショップの未来でしょうね。
    うちのサイトも見習わなくちゃ(笑)
    ホントにネット業界って面白いですね。

    2005.08.06 Saturday 23:06

    iTunes

    待ちに待った日本版ミュージックストア。
    日経新聞で読んで、週末を楽しみにしてました。

    使ってみた感想は、素敵!
    試しにクレイジーケンバンドの「タイガー&ドラゴン」をDLしてみたんですが、購入・ダウンロードは簡単だし、あっという間に終わる。
    線をつなげば、勝手にipodの中に入ってくれるのでお手軽感はかなりある。
    ほしい曲だけ買うことも出来るし、いつもネットでCDを購入してた私には、便利この上ない。

    ただ、残念なのはまだ品揃えがすくないこと。
    早く、全レーベルに参加してもらって、リアルのCDショップなみの品揃えになるといいのに。
    ソニーも意地張ってないでさっさとお入り!(笑)

    ほしいアーティストが入ったら、手軽さに乗せられていっぱい買っちゃうかもしれませんね。

    正直、J-popはほしいのはなかったなぁ。
    さすがに海外ものは結構あったよ。
    あと、視聴が出来ないのも痛い。

    進化を待つしかないわねぇ。
    appleさんがんばって!

    2005.06.25 Saturday 23:56

    ipodに

    会社のロゴを入れられるようになった。

    なるほど。

    appleがちょっと商売っ気を出してるぞw

    ipodは企業プレゼントの常連である。

    どこもかしこも、ipodをプレゼントしている。
    アンケートに答えていただいたから抽選で…
    ○○を記念して、○名様に…
    まぁ、かくいううちの会社もやってるんだがw

    出しつづけていればどっかで当たりそうな勢いである。
    おいらのipodも兄貴がアンケートに答えてもらったもんだしな。

    でもさすが、デザインにこだわるapple社。
    ロゴを入れても全然ダサくない。
    むしろ、ロゴとは気づかない。

    これならまったく問題ない。
    むしろ会社のロゴによってはおしゃれにすらなるかもしれない。
    収集する奴が現れるかもしれないな。

    やるな。

    apple社は言っている。
    どんどん懸賞のプレゼントにしてくださいと。

    そのうち個人useでもできるようになるかもしれないですな。
    そしたらもっといいかもよ。
    思い出の曲とかをDLして、メッセージ付きのipodをプレゼントなんて、
    ロマンチックでいいぢゃん?

    素敵なアイディアだと思う。

    2005.06.19 Sunday 17:48

    超便利なクリーニング屋

    世の中、便利になったもんである。

    理想的なクリーニング屋を発見しました。

    ネットで申込みをすると集荷してくれて、クリーニングをしてくれて、配達してくれる。

    これだけなら、前からあったかもしれない。
    このクリーニング屋のメリットは、一定期間、衣服を預かってくれるところにある。

    女が30年も生きるくると衣装はたまる(爆)
    自ずとおき場所や手入れに困るわけですが、ココに頼めば全部引き受けてくれるって言うんだから、、、すばらしい。

    価格も通常のクリーニング屋で割引をきかせていない値段くらい。
    白洋社に出したと思えばいいって感じ?(爆)

    シーズンでの衣類の洗濯は結構放置しがちで、必要になって直前であわててクリーニングに出す、ということをやりがちな私にとっては最高です。

    なので、早速キットを注文しました。とりあえず、どんなもんか試してみようかと思いましてね。
    冬物衣類を全部出しちゃおうかと思っています。
    そしたら、今入りきっていなくて表に出ている衣類を全部クローゼットにしまえちゃうし。
    カード決済OK、ネット上にMY PAGEもあって、管理も簡単に出来ちゃいます。

    コレつかったら衣替えとかかなり楽になるんじゃないかしら?
    忙しい勤め人、一人暮らしの人にはオススメのサービスです。

    一応いっとくけど、私回しものでもなんでもないから(笑)
    試してみたら、また感想をUPします!

    e-closet

    <<new | 1 / 2pages | old>>
     
    PR
    CALENDAR
    NEW ENTRY
    ARCHIVES
    CATEGORY
    COMMENT
    TRACKBACK
    PROFILE
    もじでパーツ
    Rの本棚
    MOBILE
    LINK
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    SEARCH
    OTHER

    (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.